小田急線相武台前駅近く|プロテスタントのキリスト教会

ようこそ、相武台教会へ

相武台教会は2019年で創立50年を迎えました。住宅地のただ中で、半世紀の間、私たちはイエス・キリストのメッセージを神奈川の地で語り続けてきました。気兼ねなく、普段通りの自分で教会に足をお運びください。お待ちしています。

新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、相武台教会では、マスク着用、受付での手指消毒、換気、距離を取って座るなど、できる限りの対策を行い、いつもより短い時間の礼拝をささげています。
人に会いにくい世の中が続いています。お会いしても、マスク越しの会話がもどかしく思えます。初めてお会いした方々の素顔を見たことがありません。出会いの機会が失われているようで、とても大きなストレスを感じます。何だかもうすべてが嫌になることもあります。しかし、それでも、いや、それだからこそ、日々の暮らしの中で思いやりを他者に向けていきたいのです。他者を配慮し、なすべきことを行い、自らが責任ある行動を取って過ごしていきたいのです。
聖書には「愛はすべてを完成させるきずなです」(コロサイ3:14)とあります。「きずな」は「帯」と訳することができる言葉です。自暴自棄になり、愛を忘れてしまうのではなく、感染が再び広がっている今だからこそ、「帯」を締め直し、愛をもって他者と関わっていきたいと思います。
教会にお越しの際にはマスクをご着用ください。ご協力をお願いします。

聖日礼拝 毎週日曜日 10:30~11:15

聖書を読み、讃美歌を歌い、祈り、メッセージを聴きます。心静かに1人となり、自分と向き合う時です。また、神と他者に生かされている自分に気づく時でもあります。

教会学校 毎週日曜日 9:00~9:50

子どもたちのための礼拝を行います。礼拝後には話をしたり、勉強をしたり、遊んだり楽しく過ごしています。キャンプやクリスマスなどの行事があります。

聖書研究祈祷会 毎週水曜日 10:00~10:30、19:15~19:45

キリスト教の聖典である聖書を読み、キリスト教について学びます。聖書が書かれた時代背景、文化、習慣などを知ることで現代の社会が見えてきます。

2020年10月4日 主日礼拝

 聖霊降臨節第19主日 招 詞 詩編 29:2 旧 約 サムエル記上 16:6-13 新 約 ルカ 16:14-18 説 教 心によって見る 交 読 詩編 23 讃美歌 37、440、530、26

詳細を確認する

2020年9月27日 主日礼拝

 聖霊降臨節第18主日/発送作業 招 詞 マタイ 11:28 旧 約 出エジプト 20:1-6 新 約 ルカ 14:12-24 説 教 人間を探し求める神 交 読 詩編 47 讃美歌 214、521、448、29

詳細を確認する

2020年9月20日 主日礼拝

 聖霊降臨節第17主日 招 詞 ローマ 5:5 旧 約 エレミヤ 7:1-11 新 約 マルコ 11:15-19 説 教 立派な神殿 交 読 詩編 15 讃美歌 211、385、505、28

詳細を確認する